時計のベルトのお手入れ方法と注意点

時計は本体は電池を交換したりガラス部分を拭いてお手入れをされる方は多いですが、実はベルト部分も肌や洋服にも触れやすく、汚れやすい部分なのでしっかりとお手入れをしなければなりません。これを怠ると様々なトラブルを招く恐れがあります。 例えば金属の場合には錆などで肌がかぶれたり、洋服にも汚れがついてしまいます。もちろん皮革を使用しているものでもかぶれの原因になりますし、時計の本体と接合部分や金属の駒の接合部分に使用しているピンが錆びてしまうと外れる原因になります。 このようなトラブルを未然に防ぐという意味でもお手入れを怠ってはいけません。ただし、闇雲に行ってもかえって汚してしまったり、破損の原因にもつながりますので必ず正しい方法で行うようにしてください。

金属を使用している場合のケア方法

ベルトの部分は様々な素材を使用していますが、中でも特に使用される頻度が多く人気が高いのが金属を使用したものです。金属と一言で言っても、その種類にはステンレスを使用している場合もあれば金メッキを使用している場合など様々ですが、どの種類でも汚れたまま使用していると錆が発生することがあります。 お手入れの方法としては、汗をかいたり濡れてしまった場合には柔らかく吸収性の高いタオルで優しく拭きとるようにしてください。その後は通気性の良い場所で保管するようにしてください。 また頻繁に行う必要はないですが、時には水で薄めた中性洗剤や石鹼水を柔らかい歯ブラシに付けて磨くようにしましょう。もしも本体が防水でなければ水が付着しないように注意しながら磨くようにしてください。

皮革やゴムなどを使用している場合のケア方法

金属以外にも様々な素材がありますが、多く使われる素材としては皮革やポリウレタンなどの合成ゴム、もしくはプラスチックです。 まず皮革の場合ですが、汗をかいたり濡れてしまった場合には柔らかい布で抜いて通気性の良い場所に保管するようにしてください。また皮革は使用していなくても劣化しますので、一番良い方法は皮革専用のクリーナーなどを使用して定期的にお手入れをする事です。 次にポリウレタンの合成ゴムやプラスチックはひび割れや断裂ことが多い素材なので、定期的に柔らかい歯ブラシに水で薄めた中性洗剤や石鹼をつけて汚れを落とすようにしてください。また弾力性がなくなったと感じたら、それは寿命を迎えている証拠なので、そのまま使い続けていると破損して怪我の原因に繋がる事があります。必ず交換するようにしてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加